FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】絶対★妹至上主義!!

  • 2010/09/12(日) 21:54:08



タイトル:絶対★妹至上主義!!
メーカー:脳内彼女

シナリオ
☆☆★★★

シナリオは「西田一/蒼夜/結月/影花」氏。

~あらすじ~
女系家族に生まれた主人公は
自堕落にも楽しい日々を過ごしていた。

しかし、転機は突然やってきた―――

春休みを迎え、父が引き取ってきた娘、海音。
主人公は海音を歓迎するのだが、
彼女は主人公を前世の恋人と呼ぶ電波娘だった。

しかも、主人公が最も苦手とする
しっかり者の妹、円が家に帰ってきてからは、
家庭内の主導権を奪われてしまう。

一緒に過ごしていた湊は、元々主人公のことをナメていた。

しまいには幼馴染のゆかりまでもが
友里家に押しかけてくる始末。

このままでいいわけがない。
今ここに、妹たちに対するお兄ちゃん革命が始まったのであった。


各キャラルートが4つ+おまけシナリオ2つ
があります。

各ルートは3時間ほどあれば、
クリア出来るほどのボリュームですね。

シナリオも家庭内恋愛とは言え
重苦しくはないので
気楽にプレイ出来ます。

しかし、
「プロローグ中の選択肢でルート確定
  →プロローグ明けてからは個別ルート」
というつくりはどうかなぁと思う。
各キャラの性格も
ロクに把握出来ていない段階で確定すんなよ、と。

キャラクター
☆☆☆☆★

「円」=「湊」>「海音」>「ゆかり」

:ツンデレ
円ルート以外では
ただの鬱陶しい妹キャラですが、

円ルートに入れば豹変します。
事ある毎に兄を罵倒し、
身を案じてか
定期的に性欲処理をする事に。

また、イベントで円が催眠術に掛かり
ゴスロリ服を着て幼児プレイなんてことも・・・。

畜生・・・やられた。
ドツボってしまったじゃないか。

:グータラ妹
「マンガ貸せよ兄貴~!」
って感じのグータラ妹

・・・なのですが!
くっ付いてからの豹変っぷりは一番凄いかもしれない。
呼び方も「兄貴」→「信一」に変わり、
急にしおらしくなって
「恥ずかしいぃ・・・」
なんて言っちゃうわけです。
かー、堪らん!

海音:電波ちゃん
ゴスロリ電波ちゃん。
そこまでは良かったのですが・・・。

電波は自演かよ・・・。
乙。

見た目は一番好きなんだけどなぁ・・・。

ゆかり:テント少女
ゆかりの口癖は「冗談よ」

作中でやたら使います。
あまりに使いすぎるので途中から耳に付いてきます。
もう
「普通の娘+冗談=ゆかり」
なんじゃないかと。

伸彦:ゆかりの兄・親友
主人公よりずっとしっかりしているシスコン。
「ゆかり、ラブホ行こうぜ」
を真面目な顔で言ったりなど
まともな人間では無いのですが
主人公が糞過ぎるので良い人に見えるから不思議。

信一:主人公
ヘタレです。

基本は状況に流される。
特に自分の意思も持たず、
誘惑されれば身を委ね、
自分が叱責されれば人のせいにする。

ゆかりルートではそれが顕著に出ていたので
コイツが大嫌いになりました(笑)

グラフィック・サウンド
☆☆☆★★

<グラフィック>
原画は「結城しん/遊月ことな」氏が担当。

横顔の輪郭と
見開いたときの瞳が少し気になりますが、
良いロリ絵ですね♪

<サウンド>
主題歌は藤原鞠菜さんの歌う
「革命★キッス! Kiss! Kiss! Revolution!」
ノリノリで良い電波曲。
「すぐっ、して~♪」

声優さんは
円役に「カンザキカナリ」さん。
ゆかり役に「春日アン」さん。

カンザキさんでは少し声が大人過ぎやしませんか?
なんて思いましたが、
すぐ慣れます。だいじょーぶ。

このお二方は
昔、G-TAPEというエロゲ雑誌に付いていた
付録サントラ
「○学○年生」
で活躍されていた記憶が・・・。
懐かしいなぁ。

システム
☆☆★★★

セーブデータは100個まで。
ディスクレス可。
オート速度設定可。

しかし、オート速度は「遅い・普通・速い・OFF」ではなく、
ボリューム調整式が良かった・・・。
※また、インストールした状態では
オート速度が勝手に戻るバグがあるので
パッチを当てて対処しましょう。

実用度(エロ)
☆☆☆☆☆

円:11(本番:6)
海音:11(本番:7)
湊:10(本番:5)
ゆかり:10(本番:5)
ハーレム:2(本番:2)


さすが脳内彼女といった所でしょうか。
各キャラ10シーン以上。
コスチューム替えで数を稼いでいるわけでもなく
フェラ・正常位・騎乗位・手コキ・足コキ・オナニー・オナホ・風呂場・69・後背位・野外
など技で攻めているのも好印象です。

<オススメシーン>催眠状態円とゴスロリプレイ
円「やだやだっ!!お兄ちゃんの赤ちゃんのタネ、欲しいっ!!」
円「お兄ちゃんの子供が欲しいの・・・・・・ダメ?」

良いに決まってるだろ!!

こん畜生ーーー!!!


総合
64点

というわけで、
「脳内彼女」デビュー作のレビューでした。

脳内彼女の作品は
いずれも抜きメインで作ってくれるので、
やっぱり十分な破壊力がありますね。

秋には同シリーズの新作
「絶対★妹原理主義」
も出るので、
今のうちに是非遊んでみてください。

絶対★妹至上主義絶対★妹至上主義
(2007/01/26)
Windows

商品詳細を見る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

耳元で言われたら、暴発必死ですね(笑)

こんばんは。

いや~~、エロいセリフですね~~(ジュル)

パンパンと腰振りながら、ハアハアとした息使いの中で「赤ちゃんのタネ欲しい・・・(恥)」
なんて事を、耳元で言われたら・・・。

男冥利に尽きるって感じですか!!(笑)

  • 投稿者: すばりすとれがお
  • 2010/09/12(日) 22:47:42
  • [編集]

Re:耳元で言われたら、暴発必死ですね(笑)

>すばりすとれがおさん
「赤ちゃんのタネ」っていう言い方が
またそそりますよね~。

セリフ考えた人ホントグッジョブですb

  • 投稿者: 静岡タオル
  • 2010/09/13(月) 01:46:33
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。