FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】素晴らしき日々

  • 2010/06/13(日) 17:59:03



タイトル:素晴らしき日々~不連続存在~
メーカー:ケロQ


シナリオ
☆☆☆☆☆

シナリオは「すかぢ」氏が担当。

~あらすじ~
「空と世界」
「終わりと始まり」
「文学と化学」
「救世主と英雄」
「兄と妹」
「向日葵と坂道」

空へ続く6つの旋律。
音を繋げて心を奏で合う。
言葉を響かせる少年少女たち。
---いつか、辿り着けるのだろうか。

素晴らしき日々。



「ある日、
間宮卓司は高島ざくろの自殺現場に遭遇してしまう。
それからというもの、
学校では7月20日に世界が滅亡するという噂が
持ち切りとなる。
卓司は世界を救う救世主となるべく目覚め、
人々を導いていく。」


というのが
大まかな物語の流れ。

わたしも
ゲームを始めたばかりのときは

小難しい哲学用語やら電波少年・少女、
グロ描写・ホラー表現の目白押しで

「あぁ・・・やべぇ。
地雷踏んじゃったな・・・。」


とか思ってました。
理解出来る訳ないな、と。

でも、
そんなことは無かった。

6つの視点から
物語を追っていくことで
段々と頭の中にこの世界が浮き上がってくる。
このゲームには
そういった面白さがありました。

噛めば噛むほど味が出てくる。
スルメの様なゲームだったなぁ。

キャラクター
☆☆☆☆★

希実香=由岐>>>
羽咲ざくろ彩名リルルちゃん>>>>>>>
亜由美>>>明日美


希実香の可愛いさは異常!!

卓司編では教主サマの側近としてお世話をしてくれたり、
ざくろ編ではざくろを一番に守ってくれたり、
終始プレイヤーに尽くしてくれた希実香。

それが北都南ボイスなんて言われた日には・・・
宵待脳を持った私には・・・

ウボァアぁア"アア!!


あと、
由岐も主要キャラで感情移入しやすい且つ、
お姉ちゃんなので大分キます。

また、女性キャラばかり挙げてしまいましたが
主要男性キャラもとても魅力的です。

卓司の覚醒で中2病感を味わったり、
皆守で熱血したり、
悪役は悪役らしく
ちゃんと不快感を感じることが出来る。

明日美が一番下なのはいつものアンチ眼鏡属性、
エンジェルリムーバーは犬のせい。

みんな良いキャラばかりだよ☆( ゚Д゚)b

グラフィック・サウンド
☆☆☆☆☆

<グラフィック>
原画は籠目/基4%/硯/karory氏の4名が担当。

どなたも繊細で且つ可愛らしい絵を描かれており、
この話の世界観にピッタリですね。

<サウンド>
主題歌は「はな」さんが担当。

OP:空気力学少女と少年の詩
ED:ナグルファルの船上にて

どちらも共に素晴らしい曲です。


声優さんはどの方も名演技ですね。
「かわしまりの」さんの由岐姉ぇが非常にマッチしていたことや、
希実香の「北都南」様、ごちそうさまでした。

卓司役の「佐山森」さんは
セリフ数が他のキャラの倍以上あったのではなかろうか。
あまりに膨大だったから
大変だったんだろうなぁ・・・。

そういえば、
皆守の声があれば良いなぁ
と思ったのは私だけではないハズっ。

システム
☆☆☆☆★

セーブデータは64個まで。
ディスクレス可。
オート速度設定など基本は十分押さえてあります。

また、各章にスタート画面からジャンプ出来るのも
便利だし、見栄えも良いですね。

実用度(エロ)
☆☆☆☆★

由岐:1
羽咲:1
鏡:1
由岐&鏡:1
由岐&司:1
ざくろ:6
希実香:2
ざくろ&希実香:1
卓司:2
明日美:3
亜由美:1
彩名:1
リルルちゃん:1


卓司:2は華麗にスルーして下さい。

意外や意外、
トータル22シーン(お風呂は除く)と
結構回想シーンも多いです。

個人的なオススメNo1は
「希実香の店内露出オナニー」
その他のボイスをカットすれば完璧過ぎる。
希実香かわエェ・・・(*´Д`)ハァハァ

あと回想には含まれていませんが、
ぬいぐるみとのHシーンもあります。

一見の価値はあるかと(笑)


でもね・・・。

獣姦は無理ッ!!

総合
88点

少なからず、
グロ描写・ホラー表現もあるため
万人ウケするゲームだとは言いません。

でも、
短い人生の中で
プレイ出来て良かったなぁと思えたゲームだったのは確か。

少しでも興味を持たれた方は
まず、
手に取ってみる事をオススメします。

そのときは、
序盤で見限ってしまうのではなく
少しでも前に進んでみて下さい。
だんだんと面白くなってくるハズです。

素晴らしき日々 ~不連続存在~ 特装初回版素晴らしき日々 ~不連続存在~ 特装初回版
(2010/03/26)
Windows

商品詳細を見る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。